子どもクッキングコース

※1年に1回の募集です


2019年度年間コースお申し込みについて

◆本日4/20から受付開始しました!◆

◽️募集人数:幼児クラス(幼稚園〜未就学児)土曜日4名、日曜日4名    
小学生クラス  土曜日4名、日曜日4名

◽️募集クラス:月1回、土曜日クラスもしくは日曜日クラス

(各日ともに幼児クラス 10:00〜13:00、小学生クラス 15:00〜17:30)
◽️レッスン日程:
5/18.19
6/1.2
7/6.7
9/28.29
10/12.13
11/9.10
12/14.15
1/25.26
2/15.16
3/14.15


◽️お申込み受付方法:以下のURLからお申込みください。
なお、申込み人数が多数の場合、抽選となる場合がございます。その場合、体験会へ参加してくれた方が優先となりますのでご了承ください。
◽️レッスン料、持ち物等:下記のレッスン詳細をご覧ください。
◽️注意事項:途中退会につきましては、原則、入会金、レッスン料の返金はいたしません。あらかじめ、日程等をご確認の上、お申し込みください。
◽️持ち物等:エプロン、三角巾、上履き、マイコップとマイお箸、お料理がしたい気持ち
その他、下記のレッスン詳細をよくお読みいただき、ご了承の上ご参加くださいますようお願いいたします。

子どもクッキングコースレッスンの詳細

対象年齢

幼児クラス…4歳~未就学児で、お料理がしたいという気持ちがあるお子さん

小学生クラス…小学生で、お料理がしたいという気持ちがあるお子さん

料金

■全て1年分(10回分)で、初回にまとめてお支払いいただきます。(レシピ代、試食含む)

初級 40000円

中級 45000円

上級 50000円

達人 未定

■初回時、入会金として3000円を頂戴いたします。

所要時間の目安

約2.5時間〜3時間(作業の進み具合で前後する場合があります)

定員

各回  4名

持ち物・服装

エプロン、三角巾、室内履き、マスク、動きやすい服装で、髪が長いお子さんは結んできてください。

注意事項(必ずお読みください)

・アレルギーのあるお子様は、事前に必ずご連絡ください。ご連絡がなかった場合についての責任は負いかねますので、ご了承ください。

・保護者の方は、お子様が了承されれば外出可能です。事前に緊急連絡先を登録いただきます。連絡がつくようにしておいてください。

・保護者様の分の試食はお1人分のみご用意いたします。ご兄弟様の分はございませんので分け合ってご試食ください。

・お子様の安全のため、お声かけ、フラッシュ撮影はご遠慮いただいておりますので、あらかじめご了承ください。見守りに徹していただきますよう、よろしくお願いいたします。なお、レッスン中の携帯電話のご使用は教室の外に出られましてからご利用ください。

・レッスン中に気分が悪くなったり、危険な行動を繰り返す等、他のお子様に危険が及びかねないと講師が判断した場合は、やむをえずレッスン途中で退出いただくことがあります。

・いかなる場合でもレッスン料、入会金の返金は致しかねますので、予めご了承ください。

・その他、詳細につきましては新規募集の際にお伝えいたします。


【コースレッスン参加者様アンケートで、子どもたちの変化を教えていただきました】


包丁の手つきが安定しました。母に余裕がないので、なかなか一緒にお料理できませんが、一緒にやるときはとても積極的に手伝ってくれます。

・とっても恥ずかしがり屋の娘なのですが、レッスンに参加するにつれ、自ら発言したり行動するようになり大変成長を感じました。また、毎回自分で作って食べた喜びや楽しさを教えてくれたり、大満足のレッスンでした。来年度は都合によりコースには参加できませんが、また機会がありましたら是非参加させたいです。
 
食材や調味料に詳しくなった。
調理中に次何をしたらよいか考えて動くようになった。
畑に生えている野菜に興味を持ち、旬を気にするようになった。
献立のアイディアを出してくるようになった。

私が忙しい時は、お手伝いしてくれるようになった。自信を持って料理するようになった。
 
料理に対する知識がふえ、自宅でも一緒に夕飯を作っている。
味にたいしても何が入っているか(調味料のこと)わかり、食に対し興味が深まっている。
とにかく楽しい!と思って料理をしている様子が嬉しい。

娘のメニューの幅が広がったことと、
また、教えて頂いたお料理を家庭で作ってくれるので、主人も喜んでおります。普段母と比べて過ごす時間が短い主人にとって、娘の成長を肌で感じられる瞬間のようです。

自分から盛り付けしたり、包丁の置き方を教えてくれたり、積極的にやってくれるようになったと思います。
 
以前よりも料理を作ることを日常の一部にしているように感じます。私が料理を作っているとどんな風に作っているのか、何を入れているのか興味津々にみています。もっと料理を好きになって自分の物にしてほしいなと願っています。
 
お手伝いを凄く積極的にやるようになりました。あと自信がついたようで、得意げです。
 
家でも作ってくれて家族に振舞ってくれるようになりました。
以前は包丁を持たせるのが怖かったのですが、今では安心して任せられるようになりました。
食べ物を食べて味付けに何の調味料が入っているとわかるようになりました。